お仕事

カイトボード、カイトサーフィン、カイトバルーンボード、カイトマウンテンボード
http://moon3jp.jimdo.com/
-------------------------------------------------------
マイブログ(テーマ別)
下記全投稿一覧 https://twitter.com/moon3jp
 ・カイトボード   http://moon3kite.blog.jp/
 ・FatBike     http://fatbike.ldblog.jp/
 ・空撮(ドローン) http://moon-flight.blog.jp/
 ・日替な日常   http://moon3.blog.jp/
 ・PC雑記帳   http://pcz.blog.jp/

吹き流し群

222a4399.jpg会社でも使ってみようかな〜〜。さげてみました。とってもハデ〜〜(^^;)

家具デザインシミュレーションソフト「Q-ing」

d675287f.JPG広島の協和木工というところです、家具デザインシミュレーションソフト「Q-ing」というものを公開していたのです。早速ダウンロードして使ってみましたが、ポコポコ置いていくスタイルですが、うまく置けない(^^;)。とりあえず3Dにしてみましたが回せたりして、う〜〜ん凄いでした。
協和木工のシステム家具"Q-ing"

防虫剤の入れすぎにご注意

a02b46e6.jpg当方のお客様から「タンス中に何か白いものが着いているのでみて下さい」と電話があった。桐たんすにカビが生えるワケもなく、とりあえず見てみることに。

行ってみてビックリ。戸の裏側に白いものが、所々にコビリついているじゃないですか。一見してカビではないのが分かったが何であるか不思議。タトウしの上にもの、その白いものはコビリ着いている。

少しテカっていて、指で恐る恐る触ってみれば、少しざらっとしている。臭いは、、、、、、あ〜〜、樟脳臭い〜〜。

お盆には、20個ほど連なった防虫剤(1吊りとします)が、1段に、手前、中、向こう、さらに衣類の間にも合計5吊り。お盆は8段ですから、戸の内側には40吊り。白いものの正体は、防虫剤の入れすぎにより、一旦蒸発したものが、衣類の上、戸裏等で、再度固まって付着した為に白い固まりが付着していたものでした。

メーカーに尋ねたところ、服吊りには普通2吊り、戸の内側でしたら、上段のお盆に2吊りでいいとのことでした。防虫剤の適量が書いてないものは、各メーカーに直接お尋ね下さい。防虫剤の入れすぎには、ご注意です。

P.S. 防虫剤の混在もいけません。エステー化学に詳しく書いてあります。

鹿児島は指宿で雪

c9a79796.JPG鹿児島より南の指宿の開聞岳には雪。いやはやビックリ。
さらに南の枕崎に行ったら、昼間も道路両側に雪。
異常気象だな〜〜

東京国際家具見本市

3bc5b57c.jpg国内最大の家具展示会に初出品です。
ディスプレーに悩んだ結、ご覧のとうりになりました。

本日より、土曜日まで開催。一般入場は、金・土曜日です。
東棟一の奥、大川振興センターのブース内に展示しました。
International Furniture Fair Tokyo

ジャパニーズモダン

e20a50b6.jpg「ジャパニーズ・モダン」剣持勇とその世界展を見に、京都まで行ってきました。
会場は50坪程度でしたが、私が漠然としていたものが見えた気がしました。

<案内文から>
日本の近代インテリアデザイナーの草分けとして、日本のみならず海外でも高い評価を受け続けている剣持勇(1912-71)の業績を、ニューヨーク近代美術館にコレクションされた「籐丸椅子」(1964)家具の実作と室内装飾の図面等の資料、建築家・前川国男、丹下建三などとの関係も追いながら紹介する。1933年頃に来日中のドイツ人建築家ブルーノ・タウトに師事、1955年に剣持勇デザイン研究所を設立、1956年の日本室内設計家協会の設立に中心的役割を果たした剣持は、「ジャパニーズ・モダン」というデザイン理念を提唱し、1958年ブリュッセル万国博覧会日本館で前川国男とグランプリを受賞、同年の丹下健三との共作「香川県庁舎」などを契機に、日本的な造形感覚を国際的評価に高め、その後の日本デザインの国際的活躍に果たした貢献は大きい。本展は剣持勇を総合的に検証するはじめての展覧会となります

●京都国立近代美術館 
 2004年10月12日〜11月3日
○丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
 2004年11月13日〜2005年1月16日
○松戸市立博物館 (松戸市美術館)
 2005年1月22日〜2月20日
livedoor プロフィール
月別
Facebook



KiteBoarding自作自演
最新のコメント
Google


ブログ内検索
アクセスカウンター(UU)